葬儀後も気の抜けない事務手続きと法要準備

多くの葬儀会社では、葬儀が終わってしまえばそれで仕事が完了となりますが、天光社(https://1000kaze.jp/)の場合は、アフターケアも充実しています。葬儀が終わった後の各種お手続きや四十九日法要のサポートに至るまで、ご家族の希望に合わせてきめ細かいサポートを行うことが特徴です。

例えば葬儀後に行わないといけない手続きをご家族にお伝えし、必要な書類などをお伝えして手続きを進めるサポートを行います。年金受給者死亡届を初めとした業務手続きは、葬儀から二週間以内に役所などに提出をしないといけませんので、忘れずに行いましょう。

業務手続きの面だけでは無く、葬儀を終えた後一番に行う法要、四十九日法要の準備もあります。葬儀から二週間後程度で法要の準備を少しずつ行っていきますが、位牌の準備や法要の日取り決め、お食事場所の手配や香典返しの準備など、細々としたやることが多くありますので、注意が必要です。具体的に何を準備しないといけないのかのアドバイスなども天光社(https://1000kaze.jp/)では丁寧に行ってくれます。

四十九日法要の際にはご僧侶の予定を確認する必要がありますが、こうした確認も行ってくれますので安心です。また無宗教葬といった近年多いタイプの供養方法を選択されるご家族への対応も行っていますので、必要に応じて担当ディレクターに相談をしましょう。

供養後は納骨の場所や日取りを決めていくことも忘れてはいけません。どこのお墓に納骨するのかなど家族でしっかりと話し合って決めることが大切です。