葬儀前に納棺の儀で最期のお別れを

あらかた葬儀の前準備が完了したら、天光社(https://1000kaze.jp/)にて納棺の儀を執りおこないます。納棺の儀とはその名の通り、葬儀の前に故人を棺に収める為の準備を行う物ですが、こうした納棺の儀を自分たちで行える点も、天光社の大きな特徴といえるでしょう。

納棺の儀の内容は様々ですが、基本的にはご遺体を棺に入れた後、一緒に納棺する物の選別を行っていきます。火葬の際に燃えるものであれば基本は何を入れても大丈夫ですので、故人の思い出の品を始め、感謝の寄せ書きや洋服、プレゼントなどを中に入れましょう。棺に品物を納める際に、故人との思い出を語り合いながら収める事も出来ますので、家族の最後の思い出作りをすることも可能です。

また天光社の納棺の儀では、希望があれば故人のお化粧直しや、故人のひげ剃り、整髪、専用の浴槽やシャワーを使って体を綺麗にすることも出来ます。肌を露出させること無く体をきれいに出来る専用のシャワーと浴槽がついていますので、きれいな体の状態で棺に故人を収めたいというご希望があるご家族のニーズにも応えられるでしょう。故人の状態によっては、腹水処理や止血なども行えますので、よりリラックスした状態で故人を棺に収められます。

このように、天光社(https://1000kaze.jp/)で行う納棺の儀は故人に対して家族が出来るケアが豊富で、故人との最後のコミュニケーションを取れる場として提供しています。最後は出来るだけ自分たちの手できれいにしてあげたい、家族との最後のふれ合いを大切にしたいという希望をかなえてくれます。