葬儀の準備は安置場所の確保から

葬儀の準備を行う前段階としてまず、どんな式にするのか具体的な計画を練っていくことが大切です。またご遺体を安置できる場所を見つけないとご遺体の腐敗が進んでしまいますので、至急故人を安置所へお連れしましょう。医師によって死亡確認がなされ死亡診断書が発行された後、天光社(https://1000kaze.jp/)へ連絡をし、お迎えの車を呼んでもらいます。お迎えの車が到着したら式場か自宅か選択出来ますので、都合が良い方を選んだら運んでもらいましょう。

ご遺体の安置を行った後に、葬儀の日時や場所、内容などの具体的な計画を立てるために、担当ディレクターと相談を行います。故人の希望に添った式に出来るように、故人の宗派を確認する事はもちろん、故人のエンディングノートに書かれている遺志を必ずチェックした上で式の内容を決めましょう。

具体的な日時や式場、内容を相談して決めた後、火葬場の状況やお寺の予定確認を行った後、スケジュールを確定させていきます。葬儀の日程が固まり次第、至急故人の親族や知人に連絡を行います。連絡をする際には電話が基本ですが、電話が難しい場合は訃報通知を行います。

こうして連絡が終われば一通り式前の準備は完了です。故人が亡くなってから数日の間に式を行うことがほとんどですので慌ただしい準備期間にはなりますが、天光社であれば1つ1つ式の計画や内容など丁寧に確認を行いながら式計画を練られますので、安心してお任せ出来るでしょう。不明点なども丁寧に教えてくれますので、分からない事があれば天光社(https://1000kaze.jp/)気軽に訪ねてみることが大切です。